幕末維新ゆかりの人

益田右衛門介ー マスダウエモンノスケ ー

萩藩家老。藩主父子の雪冤陳情のため、手兵を率いて上京するも敗れて帰国。第1次長州征討に際し、幕府への謝罪のために、三家老の一人として切腹させられた。

生年 1833年
|  
没年 1864年

益田右衛門介
益田右衛門介

  • LINEで送る

PAGE TOP