幕末維新ゆかりの地

皇典講究所跡ー コウテンコウキュウショアト ー

皇典講究所跡

皇典講究所は、明治15年に当時の麹町区飯田町(現在の千代田区飯田橋)に設立されました。
 その後、明治22年に山田顕義を筆頭発起人として日本法律学校が開設され、また山田はさらに明治23年には皇典講究所の事業を拡張し、日本文化を研究するための國學院を設立しました。
 日本法律学校は明治28年に西神田に移転、さらに同36年には日本大学と改称し、現在に至っております。
 また、國學院は大正9年に大学令による大学に昇格後、大正12年に渋谷に移転、現在に至っています。
 山田顕義によって開かれた両校の発祥の地を示す碑は、東京区政会館前に建立されています。

マップ

所在地

東京都千代田区千代田区飯田橋3丁目

交通アクセス

  1. JR総武線・東京メトロ東西線他、飯田橋駅A5出口から徒歩

問合せ先

近隣のおすすめスポット

大村益次郎銅像
大村益次郎銅像
関東エリア
品川弥二郎銅像
品川弥二郎銅像
関東エリア
蕃書調所跡
蕃書調所跡
関東エリア
遠藤謹助墓
遠藤謹助墓
関東エリア
  • LINEで送る

PAGE TOP