幕末維新ゆかりの地

蕃書調所跡ー バンショシラベショアト ー

蕃書調所跡

アメリカのペリーが黒船を率いて来航し、幕府に開国を求めたのが嘉永6年(1853)、それから二年後の安政2年(1855)、幕府は九段坂下に洋学研究所を設け、まもなく蕃書調所と改称しました。
 蕃書調所の開所から約2年後、現在の山口県山口市出身で、新進気鋭の洋学者村田蔵六(大村益次郎)が教授方手伝いとして招かれました。
 蕃書調所跡は、現在では靖国通りに面した、交番の隣に史跡説明板が建つのみです。

ゆかりの人

マップ

所在地

東京都千代田区九段北1丁目

交通アクセス

  1. 東京メトロ東西線・半蔵門線九段下駅4番出口から徒歩

問合せ先

近隣のおすすめスポット

品川弥二郎銅像
品川弥二郎銅像
関東エリア
大村益次郎銅像
大村益次郎銅像
関東エリア
皇典講究所跡
皇典講究所跡
関東エリア
遠藤謹助墓
遠藤謹助墓
関東エリア
  • LINEで送る

PAGE TOP