幕末維新ゆかりの地

品川弥二郎銅像ー シナガワヤジロウドウゾウ ー

品川弥二郎銅像

品川弥二郎は長州藩の下級武士の出身で、十代のころに松下村塾に学び、松陰からは「弥二の才得やすからず」と評され、特に可愛がられました。
 松陰刑死後はその志を継ぎ、高杉晋作、久坂玄瑞らと尊攘、倒幕運動に奔走し、元治元年(1864)には同志とともに御楯隊を結成しました。
 明治維新後は洋行してプロイセンの農政・共同組合などを研究し、帰国後は初代農商務省太輔となるなど各方面で活躍し明治32年没。
 九段坂上の弥二郎銅像は、明治40年に建立されましたが、関東大震災で倒れ、現在のは2代目。

ゆかりの人

マップ

所在地

東京都千代田区九段北1丁目

交通アクセス

  1. 東京メトロ東西線・半蔵門線九段下駅4番出口から徒歩

問合せ先

近隣のおすすめスポット

大村益次郎銅像
大村益次郎銅像
関東エリア
蕃書調所跡
蕃書調所跡
関東エリア
皇典講究所跡
皇典講究所跡
関東エリア
遠藤謹助墓
遠藤謹助墓
関東エリア
  • LINEで送る

PAGE TOP