幕末維新ゆかりの地

長州藩下屋敷跡ー チョウシュウハンシモヤシキアト ー

長州藩下屋敷跡

江戸時代初め、長州藩では江戸における屋敷が手狭になったため、幕府に願い出て寛永13年に麻布龍土町に新しい屋敷を拝領しました。
 当初は27,000坪余りだった敷地は、後年には周辺の空き地も買い足して36,080坪にもなり、付近の山や谷まで屋敷の中に取り込みました。特に南側には見事な檜林があったため、いつしか檜屋敷と呼ばれるようになり、戦前まで残っていた「檜町」という町名まで生まれました。
 現在でも、かつての下屋敷庭園の一部が「檜町公園」として残っていて、都会の中のオアシスとなっています。

マップ

所在地

東京都港区赤坂9丁目

交通アクセス

  1. 東京メトロ・都営大江戸線六本木駅7番出口から徒歩

問合せ先

近隣のおすすめスポット

乃木神社
乃木神社
関東エリア
長府藩邸跡
長府藩邸跡
関東エリア
青山霊園
青山霊園
関東エリア
井上馨墓
井上馨墓
関東エリア
  • LINEで送る

PAGE TOP