幕末維新ゆかりの地

井上馨墓ー イノウエカオルハカ ー

井上馨墓

井上馨は、幕末に長州藩秘密留学生としてイギリスに渡りましたが、滞在中に藩の危機を知り伊藤博文とともに急遽帰国、その後は高杉晋作らと討幕運動に奔走しました。
維新後は外相や蔵相などを歴任し、理財の才に優れていたことから、財界にも大きな影響力を持っていました。
特に外務卿時代には、失敗には終わりましたが、当時日本が諸外国から押しつけられていた不平等条約改正のため、鹿鳴館に代表される欧化政策を発案したことで知られています。
大正4年に81才で亡くなった後、麻布の邸宅近くの長谷寺に埋葬され、現在も「従一位侯爵井上馨墓」が建っています。

ゆかりの人

マップ

所在地

東京都港区西麻布2丁目

交通アクセス

  1. 渋谷駅よりバス都01系統(新橋駅行き)又は渋88系統(新橋駅から徒歩

問合せ先

近隣のおすすめスポット

青山霊園
青山霊園
関東エリア
長府藩邸跡
長府藩邸跡
関東エリア
乃木神社
乃木神社
関東エリア
長州藩下屋敷跡
長州藩下屋敷跡
関東エリア
  • LINEで送る

PAGE TOP