幕末維新ゆかりの地

大照院ー ダイショウイン ー

大照院

霊椿山大照院は臨済宗の寺院で、荒廃していたものを、2代萩藩主綱広が亡父で初代藩主秀就の菩提所とするため承応3年(1654)から明暦2年(1656)にかけて再建。隣接する大照院墓所には、秀就以下2代から12代までの偶数代の藩主と夫人及び一族と秀就に殉死した7藩士の墓石があり、墓前には藩士が寄進した石灯籠が600数基あります。
現在の本堂、庫裏、鐘楼門は6代藩主宗広が寛延3年(1750)に再建したもので、特に庫裏は藩主の菩提寺にふさわしい規模と風格を備えています。

マップ

所在地

〒758-0061
山口県萩市椿青海4132
TEL: 0838-22-2124

交通アクセス

  1. JR山陰本線萩駅から徒歩で10分

問合せ先

大照院
〒758-0061
山口県萩市椿青海4132
TEL: 0838-22-2124
ホームページへ

近隣のおすすめスポット

旧萩藩校明倫館
旧萩藩校明倫館
萩・長門エリア
木戸孝允旧宅
木戸孝允旧宅
萩・長門エリア
涙松跡(萩往還)
涙松跡(萩往還)
萩・長門エリア
伊藤博文旧宅、別邸
伊藤博文旧宅、別邸
萩・長門エリア
  • LINEで送る

PAGE TOP